【FX初心者】FXトレードで通貨強弱を活かそう!

選びがちな通貨ですが通貨の強さ弱さを把握することで立ちやすい通貨ペアを見つけることができます。

テクニカル分析がメインのあなたのトレードにぜひとの優位性をプラスしていきましょう。

まずは簡単に通貨強弱について通貨の強弱とは通貨単体の強さ弱さ買われているかられているかのことになります。

FXをやってるとドル円だ上昇トレンドユーロドルが電磁など通貨ペアと相場状況をセットにして覚えがちですが本来はドルと円ユーロとドルのように通貨同士が組み合わされたものでありそれぞれの通貨が買われる売られることで価格が変動します。

ドル円が上昇トレンドだから上昇するのではなく日本円が売られてドルが買われるからドル円は上昇するということです。

FXのトレードは例えばドル円で買いポジションを持った場合ドルを買って円を売るという注文になります。

なのでドルが強い時円が弱い時にドル円で買いポジションを持つことで相場の流れに乗ることができ利益が出やすくかつ含み損が耐え難いポジションを持つことができるのです。

テクニカル分析による押し目買いとかラインからも反発売りというのは買い場売り場を見つけるための戦略であり根本的には買われてる通貨今回売られている通貨を得ることがFXの大原則です。

相場の流れに乗るというのは通貨の強弱に沿ってトレードすることとも言えます。

通貨ペアが何通もあって混乱してしまうって人こそが苦痛か単体で強弱を意識しながらチャートを見ていくと良いでしょう。

強弱に生かし方

続いてはどうやって通貨強弱を生かすのかについて一般的にはその時の相場の中でもっとも買われてる通貨最も売られてる通貨のペアを選んでトレードするのが利益も得やすくなります。

通貨ペアは片方の通貨が買われ片方の通貨が売られると一方向に伸びていくのでもっとの買われているもっとの売られている二つの組み合わせは一方向への変動幅が大きくなるからです。

仮に最も強い通貨と二番目に強い通貨の組み合わせだとお互いが喧嘩しちゃって伸びつらくなくなります。

また通過強弱はファンダメンタルズ要因で発生することが多いので重機から長期のトレードで味方になってくれます。

流れに乗っかるために短期足を軸にすることはあってもポジション自体は中期から長期スパンで見ていきましょう。

通貨強弱はトレードしやすくなる一つのきっかけでありそれ自体がトレードの根拠にはなりません。

どれだけ流れができていても相場は波のように動くのでエントリーする場所を間違えれば損切りになってしまいます。

通貨の強弱の把握してし増と目線を合わせテクニカル分析で買い場売り場を探していくというのがベストです。

強い通貨と弱い通貨組み合わせだと勢いが強すべてエントリーできないなんてことも

あるのでそういう場合は2番目に弱い通貨との組み合わせでも問題ないです。

判断方法について

最後に通過強弱の判断方法について一番簡単な方法は通過強弱を表してくれるツールを使うことです。

こちら2つは無料で使えるツールなので通貨の強弱を意識したことない初心者さんはぜひ活用してみてください。

もう一つは各通貨ペアを比べていきながら強弱を判断する方法です。

一つ一つ比べていくので慣れるまで時間がかかりますがこちらの方法だと自分のトレードスタイルに合わせた時間軸で強弱を判断することができるのが利点です。

15分足とかでトレードする人が日足レベルで買われている通貨の大戦略を考えてもあまり意味ないので自分のトレードスタイルに合わせて強弱を見ていきたいです。

またを比較する際は時間事項をそろえてみるようにしましょ。

中手足でトレードすることが多いので1時間足もしくは4時間足で見ることが多いです各通貨ペアを10万に並べて強弱をかきだしていきます。

慣れるまで時間がかかりますが通貨ごとの買われている売られているという感覚を身につけること大事なのでなるべく比較して判断できるようにしていきましょう。

また大きく上昇したり下落した通貨がある場合ある潜ってその要因を把握しておくことも大事です。

例えばドルに対してその他の通貨が強い場合他の通貨が強いのではなく実はドルが弱いのだけだったパターンをあります。

為替ドルとかで検索したりもしくはこちら2つのサイトを見て
みると為替の中での大きなテーマを把握することができるのでぜひ試してみてください。