【FX】FXのスイングトレード手法解説!

スイングトレードについて

FXのスイングトレード手法について徹底解説していきます。

大きな流れに沿ってゆったりとトレードできるスイングトレードは普段忙しい方でも気長に取り組むことができます。

特徴やコツを覚えてぜひ実践してみてください。

FXのトレードスタイルはポジションの保有期間や利益獲得を狙う値幅によって3つに分類されます。

ポジション保有期間が短い順にスキャルピングデイトレードスイングトレードの3つになります。

スイングトレードとは3つのトレードスタイルの中では最も取引期間がならゆったりとしたトレードとなっています。

数週間といったスパンで50から200 pips 程度の値幅を利益に抱えていくイメージです。

主に週足や冷やし4時間足といったチャートを分析しポジションを立てていきます。

スイングトレードのメリットには放置できることテクニカル分析のセオリーが通用しやすいことが挙げられます。

エントリーの基準とするチャートが週足や冷やし時間足なのでチャートの前に張り付く必要はなく一日に一回程度チャート分析する程度で十分です。

ポジションを立てた後も基本的には放置でいいので忙しくてあまりチャートを見る時間がない方でも自分のペースで取り組むことができます。

また週足や日足といった大きな時間軸のチャートは多くのトレーダーが意識するのでテクニカル分析のセオリー通り動きやすいという利点もあります。

トレードルールの構築と検証がしやすいのでFX初心者の方にもオススメです。

メリット

一方でスイングトレードのてメリットはトレードの上達に時間がかかることポジションを持ち越すのでメンタルが安定しにくいことが挙げられます。

スイングトレードは大きな時間軸でゆったりとトレードする手法ですのでトレードのチャンスは3つのスタイルの中で最も少ないです。

トレード回数の多いスキャルピングやデイトレイドと比較すると経験値の蓄積はどうしてもスローペースになってしまいます。

また数実にわたってポジションを持ち越すので人によっては気になって眠れなかったり仕事が手につかなかったりとメンタルの管理が難しくなることもあります。

ポジションを大きくしすぎるとメンタルの負担も大きくなってしまいますので無理なく続けられるサイズの取引量でトレードすることをお勧めします。

スイングトレードで大事なのはトレンドに逆らわないことです。

ゆったりと大きな値幅を取りに行くスイングトレードでは相場の流れにうまく乗せることが重要になります。

上昇トレンドが発生している時には買いポジションを下降トレンドが発生している時には売りポジションを立てていくのが基本となります。

相場の方向性を意識してトレンドに沿ったポジションを立てていきましょう。

まとめ

トレンド分析をするのにおススメの手法は移動平均線移動平均線の向きとローソク足との位置関係を見ればトレンドの方向を意識把握しやすいです。

移動平均線が上向きでローソク足を下から支える構図なら上昇トレンド移動平均線が下向きでローソク足を上から押さえる構造ならし下降トレンドと判断することができます。

短期のトレンドを判断する20機関中長期のトレンドを判断する75機関の日本ぐらいをチャートに表示させておくと相場の流れがわかりやすくなります。

中長期の流れに逆らわないようにしつつ短期の移動平均線で売買のタイミングを図っていくとトレンドに沿ったポジションを立てやすいです。

また相場の流れに合わせたトレンドラインを入れてもエントリーのタイミングをつかみやすくなります。

ということでスイングトレードショーについての解説は以上となります。

相場の流れにゆったりとのステー靴スイングトレードは忙しい方でも取り組みやすくFX初心者の方にもおすすめの初動です。

FX

Posted by ノヤっさん