【FX】FXでサラリーマンにおすすめ手法

これから本格的にFXを始めようとされている方の中には会社勤めの傍らで副業としてFXをしたいけどどんな手法がサラリーマン向きなのかわからないまとハズレな手法で初めて無駄に損するのは嫌だとお悩みの方も多いかと思います。

そこで副業としでFXに取り組んでいきたい方のためにサラリーマンに最適なFX手法についてお話ししていきたいとおもいます。

是非お役立ていただければと思います。

FXには大きく分けて3つのトレードスタイルがあり取引の期間が短い順スキャルピング、デイトレード、スイングトレードと3種類あります。

スキャルピングは数分から1時間の間に3から10 pips 程度の小さな利益獲得を狙ってそれをつコツコツ積み重ねていく手法です。

デイトレードは数時間から1日の間に30から100 pips 程度の利益獲得を目指します。

もっとも期間の長いスイングトレードは数日から数週間という期間で50から200pips程度の利益幅をとっていくイメージです。

サラリーマンオススメ手法

これら3つの手法の中でサラリーマンの方に最もオススメなのはデイトレードです。

ですがスキャルピングであったりスイングトレードにもいいところもあります。

ライフスタイルや個人の性格によっても最適といえるトレードスタイルは変わってきます。

というわけでここからはサラリーマンの方オススメしたい順番にランキング形式でそれぞれの手法の利点と個性を貸せ解説していきます。

デイトレード

サラリーマンの方に最もオススメの手法はデイトレードです。

デイトレードのメリットは一度注文してしまえばしばらくは放置することができ隙間時間でも取り組みやすいということです。

トレードのチャンスも多いので上達すれば本業に近いくらいの利益を上げることも可能です。

またデイトレードでは基本的に翌日以降にポジションを持ち込みしませんのでポジションが気になって眠れないなんてこともなくてメンタル的な負担が少ないのも利点の1つとなっています。

ただ隙間時間でもできるとはいえ数時間から1日のスパンでエントリーから決済までを済ませるのでチャート見る頻度はそれなりに多くなります。

スマホからでも構いませんので1日3回ぐらいはチャート分析をする時間がとってポジションを管理していく必要があります。

デイトレードのオススメの取り組み方は朝と昼にチャートを確認してエントリーできそうな通貨があればポジションを立ててその日の夜までにポジションを掲載夜のうちに軽くチャート分析をして翌日の狙いを絞るといった流れです。

スキャルピング

サラリーマンの方におすすめのとトレード手法第2位はスキャルピングです。

スキャルピングのメリットはとにかくトレードの上達が早いことです。

3つの手法の中ではダントツでトレード回数が多くなりますので高速でPDCAを回して自分のトレードルールを強化することができます。

一方でスキャルピングのデメリットは基本的にパソコンの前に張り付いていなければなりませんので他の作業と並行できないことです。

細かな値動きにまで注目しなければならないのでかなりの集中力が必要です。

スキャルピングをされるなら職場から帰宅後の夜時間に集中して行うのがベストです。

特に21時から25時は1日の中でも最も値動きが活発で稼ぎやすいFXのゴールデンタイムとなっています帰宅してから21時までの間に軽くチャート分析をしながら当日の狙い通貨を選んで21時ぐらいから数時間集中して取引すると良いでしょう。

スイングトレード

サラリーマンにオススメのトレード手法第3位はスイングトレードです。

スイングトレードのメリットはポジションを数日単位で放置できることです。

仕事が忙しくてチャートを見る時間がなかなか取れない方でもゆったりと取り組むことができます。

一方でトレード回数が少なくなるのでどうしても上達のスピードは遅くなり運用成績も安定しづらいというデメリットがあります。

スイングトレードでは1日1回または数実に1回チャートを見てじっくりと相場を分析してポジションを立てていくようにしましょう。

週末に1週間の値動きに目を通して翌週の狙い目を決めておくと効率よくトレードができますということでサラリーマンにさ的なFXに関する解説は以上となります。